■幕別町軟式野球協会規約

 第1章 (名称及び事務所)

  第1条 本会は幕別町軟式野球協会(以下「協会」という。)という。
  第2条 本協会の事務局は会長宅に置く。

 第2章 (目的及び事業)

  第3条 本協会はアマチュアスポーツとして正しい軟式野球を町民全般に普及するため
     会員相互の親密なる連絡を図るとともに、相互の研究を通じて体育の振興に寄与
     することを目的とする。
  第4条 本協会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    1.全町的な野球大会の主催及び後援
    2.各種野球大会の審判及び講習に関すること
    3.軟式野球施設の整備、充実に関すること
    4.その他協会の目的達成のために必要な事項

 第3章 (組織及び会員)

  第5条 本協会は幕別町に在住する次の会員をもって組織する。
    1.会社
    2.各官公署
    3.青年組織関係(クラブチーム)
    4.中高生(定時制生徒は含まない)を除くその他で編成するチーム
    5.野球を愛好する個人
  第6条 各チームは監督及び主将を含めて20人以内での競技者によって編成しなけれ
     ばならない。

 第4章 (加盟及び脱退)

  第7条 会員となるチームは、協会の定める登録申込書に登録料を添えて、本協会に提
     出する。本協会は、役員会においてその資格を審査する。
  第8条 前条の申込書を受理した本協会は、直ちに登録手続きを行わなければならない。
     登録手続きとともに申請者は、本協会の資格を取得する。
  第9条 会員はその事項に異動を生じた時は、本協会にその旨を届け出しなければなら
     ない。
  第10条 各チームの構成員が登録有効期間中、他のチームに移籍する時は、新旧チーム
     の代表者、監督、または主将の承認を得た移籍書を本協会に提出しなければなら
     ない。
  第11条 会員の登録は毎年更新し、第7条、第8条の手続きをしなければならない。
  第12条 会員は、次の事項に一でも該当する時は、その資格を失う。
    1.第3条に定める条件を具備しなく、協会が不適当と認めたとき
    2.自ら脱退の意思を表明したとき
    3.本協会より除名の処置を取られたとき

 第5章 (会議)

  第13条 本協会の会議は総会及び役員会とする。
  第14条 総会は役員及び会員をもって構成する。
  第15条 役員会は役員をもって構成する。
  第16条 会議の議決は出席者の過半数の同意で決定する。

 第6章 (役員)

  第17条 本協会に次の役員を置く。
    会長 1名  副会長 若干名  事務局長 1名  事務局次長 若干名
    幹事 若干名 監事 2名
  第18条 役員は総会において選出する。任期は2年とし、再任は妨げない。
  第19条 役員の任務は次のとおりとする。
    1.会長は本協会を代表し、会務を統括する。
    2.副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は、その代理を行う。
    3.事務局長は会長のもと、会務を執行する。
    4.事務局次長は事務局長を補佐する。
    5.幹事は協会運営全般に対し、協力する。
    6.監事は会計を監査する。
  第20条 本協会に顧問を置くことができる。

 第7章 (会計)

  第21条 各チームは本協会の定める登録料を納入しなければならない。
    登録料 5,000円
  第22条 本協会の経費は次にあげるものをもって充てる。
    1.登録料及び参加料
    2.助成金
    3.事業収入
    4.寄付金
    5.その他の収入
  第23条 本協会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日に終わる。

 第8章 (規約改正)

  第24条 本協会の規約は、総会において改正できる。
  第25条 本規約の施行について必要な事項の細目は役員会で定める。

 附 則

  本規約は、昭和51年 6月11日より施行する。
  本規約は、平成10年 6月 8日より施行する。
  本規約は、平成12年 5月18日より施行する。