このコーナーでは、主に試合であったことや、質問を受けたことをQ&A形式で掲載していきます。
社会人の方も少年野球、部活で野球をしている人も、そして指導者や監督も、ひごろ、疑問に思った
あんなプレーやこんなルールについて、わからないままにしないでここで解決してくださいね。


ここから質問してみよう(メール送信)

※わからないときはお父さんお母さんに聞いてねっ

 全体
 すべてのQ&Aを見る
 項目別
 審判(その他)編 
 走者(ランナー)編
 投手(ピッチャー)編
 打者(バッター)編
 指導者(監督さん、父兄)の方々へ

 野球協会審判部です。
 最近、野球の試合におけるルールの不熟知やマナーの低下についてよく耳にし、目にします。
 試合中の選手、そして観客の言動や観戦姿勢。
 ここ数年では、観客席からの試合に対する発言で選手が扇動されて審判に抗議をしたり、プレーを
 中断したりという、かつてない状況が見られ、非常に残念です。

 昨年あった例として、試合の最終回に、相手が打ったライン際のフェア打球を、バックネット裏からの
 「ファウルだ!」という心無い言動で、選手が試合終了を宣言する審判員に猛抗議するという
 非常に残念なことがありました。
 まず、バックネット裏からライン際の打球を判定することなど到底不可能であり、
 試合終了後にもこの観客から、誰がみてたのか?なぜ声をださないのか?などと抗議がありましたが
 そもそも3人制の審判でどの位置からもあきらかにフェアであることは確認できましたし
 さらにジャッジの仕方という意味では「フェア打球」はノーボイス(声を出さないで指をさす)という
 基本的なことも知らずにこの観客は抗議しているのです。
 まずはルールもマナーも知っていただく、ということに他なりません。
 また試合を運営している審判員を信用していただけないのであれば試合は成立しません。
 誰しも自分の子供がいるチーム、思い入れがあるチームの方に有利な目で見てしまうのは当然で
 そういった目でみてしまっている判断が実際とは異なることもあるのだと知っていただきたいのです。

 少年野球や中学生の野球活動における原点は、スポーツマン精神にのっとって堂々とプレーすること。
 特に指導者の方々や父兄におかれましては、その点をまず徹底していただればと思います。
 球場で選手と顔をあわせても、あるチームは会う子供会う子供があいさつをきちんとしてくれるのに対し、
 まったくあいさつをしてくれないチームもあります。
 あいさつはプレーや技術に関係ない・・ではないと思います。
 そしてルールをよく知り、教えていただくこと。
 審判に抗議にくる監督の中には、ルールをよく知らずに猛抗議をし、こちらが規則書の通り説明しても
 わかっていただけない方もいらっしゃいました。
 子供たちも同様、どうしてそういう判定になるのか、どうしてそういうプレーをした方がよいのか、
 それはルールを知ってから、のことだと思います。
 野球に限らず、球場に入ってから出るまでが試合です。試合中の審判にはきちんと従っていただき、
 わからないことは抗議ではなく質問という形できちんと監督が対応していただくなど
 今後の徹底をお願いいたします。

 当然のことながら、審判部としても、登録されている審判員の技術の向上はもとより、ルールの熟知に
 日ごろから努め、子供たちによりよい野球環境を提供できるよう努力していきます。

 ご協力をよろしくお願いいたします。